日本評価学会 - THE JAPAN EVALUATION SOCIETY (JES) -

ホーム > 入会のご案内 > 入会のお勧め
入会のお勧め
学会の特徴
入会申込書

入会のお勧め

今日、あらゆる分野における活動は、その進歩・向上のために、活動内容の確認とそれに基づく改善を必要としています。改善のためには現状を評価し、課題を整理して対策を立案することが求められます。加えて、公共的な活動あるいはNPOなどの社会的な活動においては、近年、広く国民一般に対する透明性確保、説明責任の遂行のために、評価の重要性が強く認識され、評価に関する研究の必要性が叫ばれるようになってまいりました。

評価が慣行として定着しつつある欧米諸国では、官民の各種活動に関する客観的な評価への実務面での取り組みや、評価に関する研究にも蓄積が見られます。この点で、欧米諸国は、評価に関して先進的な位置にあるということができます。我が国でも、民間セクターにおいては経営・人事・技術などに関して評価がシステムとして取り入れられ始め、また、公共セクターにおいても、公共事業の経済性評価や開発援助事業の評価など、各種評価の取り組みが試みられてきました。しかし、それらの取り組みは未だ充分とは言えず、評価は今後の重要な課題として残されて
いるのが現状です。

日本評価学会は、このような背景のもと、我が国においても、国際社会に通用する評価活動の定着と評価活動に関わる人材の育成を推進するために、評価に関する研究の振興を図ります。当学会は、2000年9月に設立されました。また、評価は、高度な専門的知識が要求されるような分野を含め、様々な分野における活動を対象として行われる活動であることから、当学会は、対外的に開かれた学会とし、既存あるいは新規の他の学会などとも協力関係を深めることにより、その研究と実践の質の向上を目指します。

当学会では、研究発表会、分科会、国際会議の開催、論文集の発行など各種行事を通じて皆様の研鑽と交流の場を提供いたします。各種評価の体系化、評価の実務への応用・適用、新技術の評価活動への活用などに関心をお持ちの皆様のご入会をお奨めいたします。皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げます。


ニュース&イベント アクセス English ホーム 学会概要 活動内容 入会のご案内 リンク集 サイトマップ ページのトップへ