日本評価学会 - THE JAPAN EVALUATION SOCIETY (JES) -

ホーム > 活動内容 > 評価士(初級)養成講座
全国大会新着情報
分科会活動
研修・セミナー等
学会誌の発行
評価士養成講座・認定
評価士養成講座
専門評価士養成講座
上級評価士養成講座

上級評価士養成講座

■2017/8/2 第6期認定申請の受付を終了しました。

<日本評価学会認定上級評価士>
★日本評価学会認定上級評価士一覧(2016年10月現在)はこちら

ねらい

「上級評価士」は、わが国の評価活動の発展に寄与するととも に、わが国における評価文化の醸成と定着、および社会各 層を対象とした評価教育を担う社会的リー ダーとしての役割を担うことが期待されます。

近年、我が国においては、教育、保健、福祉、コミュニ ティ活動、公共事業、ODA等をはじめとする様々な分野 の政策や事業に関するアカウンタビリティが求 められており、こうした社会一般からの要請に応えるために、評価シス テムの導入や事業評価の実施が進められています。また、協同評価や参加型評価など市民参加による評価の需要も高まっています。しかし、そうした社会の養成 や需要に応える評価の専門性を持つ人材は未だ十分に育っていないのが現状です。

この状況を改善するため、評価に関する専門的能力を身につけ た人材を養成してその能力を認定し、各分野における評価 の向上に資するために、日本評価学会は各レベルの「評価士」の認定を行います。

「上級評価士」は、評価に関する体系的な研究を行うことにより、評価活動の発展に寄与することができる専門家 (各府省・自治体等の評価委員会の委員を務めることがで きるレベルの専門家)としての能力を認定することを目的として授与します。

認定方法

第1期の認定は理事会が行い、以降の認定は、上級評価士から選任 されて理事会の承認を得た委員で構成する上級評価士認定審査委員会で行う*。

*2011年度に第1期上級評価士9名が認定され、理事会の承認を得て、当該9名が上級評価士認定委員会委員に就任した。

審査項目

以下に定める項目の実績を審査して認定する。
認定のための合格基準は別途定めるが、各項目に関して 申請された業績の内容・重要性を勘案して、総合的に判断 する。

決定は、申請者に対して文書で通知する。再申請は可と する。なお合格しなかった申請者に対しては、今後どのような活動をすべきかを示す「今後の活動への 示唆」として文書で示す。

審査項目 具体的な審査項目
(1)学会誌への投稿等の研究実績

・ 学会誌への投稿 実績(評価関連のテーマに限る)

・評価関連著 書の出版実績

*査読付きの論文については明記下さい
*評価に直接関連するものに限ります

(2)政策評価委員会等への外部有識者として の参加実績あるいはそれに相当する実績

・ 各府省、自治体、大学、公益・非営利組 織、市民組織などにおける評価委員 会への外部有識者としての参加実績

・各府省、自治体、大学、公益・非営利組織、市民組織 などにおける評価委員会への組織代 表者としての参加実績(評価委員会 を主催する組織の代表者としての参 加を含む)

(3)評価実施の実績

・ 自身が総括等を 務めた外部評価の評価報告書

・ 組織の評価専担 部署の職員(社員)として実施した評価の評価報告書

・組織におい て評価関連の管理職位に複数年(1年以上)従事した実績

(4)評価教育に関する実績

・ 大学等の教育機 関における研修講師の実績

・その他の研 修機関における研修講師の実績

(5)その他特筆すべき実績

・ 評価関連の国際 会議における活動実績

・ 評価文化の醸 成・普及に貢献する講演会等の実績

・評価関連 テーマによる取得学位

*但し上記(1)〜(5)の中で同じ論文や同じ研究会への参加実績は1つとしてカウントし、重複してのカウントはしない

特例条件 として、以下を定める。

(1)日本評価学会認定『専門分野評価士』を有している 場合には、上記基準を一部満たしたことにする。具体的に は以下の2点を満たしたこととする。

  • 「各府省・自治体等の政策評価委員会等への有識者としての参加実績」の1件分としてカウント
  • 「外部評価等の実績(自身が総括等を務めた評価報告書を審査の対象とする)」の1件分としてカウント


(2)学会活動への参加により、上記基準を一部満たしたことにする。具体的には以下のとおり。

  • 学会発表10回を「学会誌への投稿実績」1本分としてカウント
  • 学会賞の受賞1回は「学会誌への投稿実績」1本分相当とみなす
申請資格

以下のいずれかの条件を満たしていること

(1)日本評価学正会員
(2)「評価士」を取得して、評価関連の5年以上の実務経験を有していること

認定審査料

以下のとおりとする。
50,000 円
ただし、日本評価学会正会員の場合には 35,000円とする。

日程

以下の日程で第6期認定作業を実施する。 

<申請受付期間>
2017年6月1日〜8月1日(受付終了)

<認定の可否の通知>
上級評価士認定委員会の審査を経て、2017年10月末までに本人に通知する。

申請書送付先

『上級評価士』申請書および添付書類一式を以下へ送付してください。

〒108-0075 東京都港区港南1-6-41
品川クリスタルスクエア 12階
国際開発センター内
日本評価学会「評価士養成講座」事務局 上級評価士担当者

申込方法および詳細

(1)『上級評価士』認定申請要項
(2)『上級評価士』申請書
(3)『上級評価士』認定規定
(4)『上級評価士』認定申請に基づく採点結果表

申込み・お問い合わせ

training@evaluationjp.org


ニュース&イベント アクセス English ホーム 学会概要 活動内容 入会のご案内 リンク集 サイトマップ ページのトップへ