日本評価学会第22回全国大会プログラム

(オンライン開催)

 

大会テーマ 不確実性の時代の評価

 

企画委員長                    齊藤貴浩(大阪大学)

22回全国大会実行委員長       田中 啓(静岡文化芸術大学)

 

<接続テスト・参加登録用URL>

https://22evaluationjp.peatix.com/

 

【お問い合わせはこちら】

jes.event@evaluationjp.org

 

 

更新履歴

202111月29日(最新版)

 

 

全体プログラム

 

 

※ 論題名をクリックすると大会要旨集録が開きます。パスワードはPeatixから取得してください。

※ カッコ内は座長名です。

 

1日目(124()

 

ルームA

ルームB

ルームC

AM

9:3011:30

シンポジウム

「評価」に何ができて、何ができないのか? 〜不確実性の時代への展望のために〜

(田中啓)

 

 

11:3012:30

 

理 事 会

 

 

 

PM1

12:5014:50

共通論題1

(田辺智子)

共通論題2

国際協力機構(JICA)の事業評価最近の

(佐藤洋史)

自由論題1

NPO /評価手法

(新藤健太)

 

PM2

15:0017:00

自由論題2

(西山慶司)

共通論題3

 エビデンスの相互理解EBPM、発展的評価、協働評価における位置づけと利用〜

(佐々木亮)

自由論題3

(佐々木保孝)

2日目(125()

 

ルームA

ルームB

ルームC

AM

9:3011:30

共通論題4

日本における協働評価NPO政策21軌跡

(山谷清志)

自由論題4

科学技術 / 国際協力

(白川展之)

 

共通論題5

IFI国会設置に関する諸々の課題と提案についての評価

(廣野良吉)

11:4012:40

 

総 会

 

 

 

PM1

12:5014:50

共通論題6

国の行政機関が行う評 向〜総務省行政評価局における最近の取組〜

(工藤文武)

 

共通論題7

会「評価士」制度のあり方に関する会員意見交換会

(今田克司)

PM2

15:0017:00

共通論題8

自治体の政策評価とEBPM

(佐藤徹)

共通論題9

「協働」と「学び」に基づくSDGs時代の評価

(米原あき)

共通論題10

第6期科学技術基本計画と評

(白川展之)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細プログラム

 

※ 大会要旨集録は全体プログラムにリンクを貼っています。パスワードはPeatixから取得してください。

※ 更新履歴は最上段に記載しています。

 

1日目(124()

AM 9:3011:30

シンポジウム

「評価」に何ができて、何ができていないのか?〜不確実性の時代への展望のために〜

座長・司会:田中啓(静岡文化芸術大学)

開会挨拶:大島巌(東北福祉大学)

 講演者:塚本壽雄(早稲田大学名誉教授、元総務省行政評価局長)

     廣野良吉(日本評価学会顧問、成蹊大学名誉教授)

討論者:南島和久(龍谷大学)

石田洋子(広島大学)

 企 画:日本評価学会企画委員会 

 

11:30〜 12:30 理事会

PM1 12:5014:50

ルームA

共通論題1:会計検査と評価

座長:田辺智子(国立国会図書館)

司会:和川央(岩手県立大学)

討論者:田中啓(静岡文化芸術大学)

・東信男(会計検査院)「政策評価と会計検査−INTOSAIIFPPからみた会計検査の役割−」

・益田直子(拓殖大学)「危機的状況下における監査・評価活動の役割」

・田辺智子(国立国会図書館)「評価理論の観点から見た有効性検査」

 

ルームB

共通論題2:国際協力機構(JICA)の事業評価:最近の取り組み

座長:佐藤洋史(JICA

討論者: 正木朋也(JICA/北里大学大学院)

・鴫谷哲(JICA)「JICAの事業評価の概要−近年の潮流への対応−」

・○伊月温子、大川太郎、今吉萌子(JICA)「開発協力における課題別事業戦略の強化及び評価上の検討課題」

・○石原和伊、松延香代、柳内将成(JICA)「Theory of Changeを通じた開発効果の可視化」

・○柳内将成、今吉萌子、石原和伊、猿田幸絵(JICA)「JICA事後評価基準改定の運用について〜Human well-being, Leave No One Behindを題材に〜」

 

ルームC

自由論題1NPO/評価手法

座長:新藤健太(群馬医療福祉大学)

討論者:藤島薫(東京福祉大学)

・猪俣加菜子(非営利組織評価センター)「NPOの組織運営〜アドバンス評価から見えてきたこと〜」

・○中谷美南子(CSOネットワーク)、佐野直哉(アーツカウンシルしずおか)、千葉直紀(CSOネットワーク)「地域における文化・芸術活動をどう評価するか?発展的評価(DE)を通じた静岡県文化プログラムでの評価制度構築支援の実践」

・○齊藤貴浩、川端亮(大阪大学)「大学教員の学術的活動についての社会における評価」

 

 


PM2 15:0017:00

ルームA

自由論題2:行政

座長・討論者:西山慶司(山口大学)

・岸本由梨枝(新見公立大学)「大学の地域貢献プログラムの公共政策としての評価の必要性」

・池田葉月(京都府立大学大学院)「業績測定による評価における指標の改善」

・橋本圭多(神戸学院大学)「コロナ禍におけるジェンダー予算の現状と課題」

・北川雄也(法政大学)「新型コロナ禍と障害者政策の評価:ゴールフリー評価の利用可能性と課題」

 

ルームB

共通論題3(ラウンドテーブル):社会実験分科会パネルディスカッション 

エビデンスの相互理解−EBPM、発展的評価、協働評価における位置づけと利用−

座長:佐々木亮(国際開発センター)

司会:田辺智子(国立国会図書館)

EBPM:正木朋也(JICA

・発展的評価:今田克司(CSOネットワーク)

・協働評価:佐々木亮(国際開発センター)

 

ルームC

自由論題3:教育

座長:佐々木保孝(天理大学)

討論者:岩品雅子(アイコンズ)

・牟田博光(国際開発センター/大妻女子大学)「ミャンマー連邦共和国における教授言語と家庭言語の乖離問題を緩和する言語補助教員配置政策の評価研究」

・橋本昭彦(国立教育政策研究所)「学校評価のカスタマイズ手法の開発〜評価ニーズ調査の中間報告〜」

・○江嵜那留穂(愛知淑徳大学)、關谷武司(関西学院大学)、吉田夏帆(兵庫教育大学)「COVID-19による大学遠隔授業の学習効果−遠隔授業導入直後との差異に着目して−」

 

 

 

2日目(125()

AM 9:3011:30

ルームA

共通論題4:日本における協働型評価とNPO −「政策21」の軌跡−

座長:山谷清志(同志社大学/政策21

討論者:南島和久(龍谷大学)

・鎌田徳幸(政策21)「岩手県県民協働型評価から得られる知見及び課題、今後に向けて−県とNPO、大学が協働で行った評価の実践例−」

・岩渕公二(政策21)「盛岡市における指定管理者第三者評価」

・熊谷智義(政策21)「北上市の協働事業に関する第三者評価」

 

ルームB

自由論題4:科学技術/国際協力

座長:白川展之(新潟大学)

討論者:村上裕一(北海道大学)

・橋眞美(元早稲田大学大学院)「持続性の評価−評価基準と評価手法−」

・三上真嗣(同志社大学大学院)「国際科学技術協力の評価と統制−STI for SDGsSATREPSの行政過程−」 

・佐藤功一(JICA)「衛星データを用いたインフラ事業のインパクト評価:タイ高架鉄道整備事業の事例分析」

・○吉岡佐知子、佐藤功一(JICA)「Google Earth Engineを用いた衛星データ分析の有用性と限界 タイ高架鉄道整備事業の事例分析」

 


ルームC

共通論題5IFI国会設置に関する諸々の課題と提案についての評価

座長:廣野良吉(成蹊大学名誉教授)

討論者:上野宏(国際開発センター)

・清原剛(カーボンフリーコンサルティング)「独立財政機関の必要性と今後の課題」

・黒澤善行(政策工房)「IFIの国会設置実現に向けた取組み」

・吉川富夫(事業創造大学院大学)「日本型IFIの可能性と制約」

・廣野良吉(成蹊大学名誉教授)「我が国における民主的統治機構の崩壊」

 

 11:4012:40         総会

PM1 12:5014:50

ルームA

共通論題6:国の行政機関が行う評価の動向〜総務省行政評価局における最近の取組〜

座長・司会:工藤文武(総務省)

討論者:深谷健(武蔵野大学)

・渡部貴徳(総務省)「政府におけるEBPM推進の取組〜EBPMの実証的共同研究を中心に〜」

・塩見雄介(総務省)「農業分野における災害復旧の迅速化に関する行政評価・監視」

・柳木浩之(総務省)「新しい生活様式に対応した行政サービスの提供の在り方に関する調査」

 

ルームC

共通論題7(ラウンドテーブル):日本評価学会「評価士」制度のあり方に関する会員意見交換会

日本評価学会研修委員会

青柳恵太郎、今田克司(研修委員長)、小野達也、下園美保子、新藤健太、橋本昭彦、源由理子

 

PM2 15:0017:00

ルームA

共通論題8:自治体の政策評価とEBPM

座長:佐藤徹(高崎経済大学)

討論者:小野達也(鳥取大学)

・飯田洋市(公立諏訪東京理科大学)「予算編成に向けた市民参画型事前評価の手法の研究〜長野県岡谷市商業活性化計画を事例にして〜」

・後藤玲子(茨城大学)「政策分析過程に潜む行政のバイアスと誤認」

・和川央(岩手県立大学)「KPIを活用した将来シミュレーションによる政策立案の検討−政策提言AIシステムの活用を通じて−」

ルームB

共通論題9:「協働」と「学び」に基づくSDGs時代の評価

座長:米原あき(東洋大学/インド工科大学)

・米原あき(東洋大学/インド工科大学)「趣旨説明:SDGs時代の評価を考える:価値を引き出す評価とその仕組み」

・佐藤真久(東京都市大学)「持続可能性における評価:協働と学びをつなげる評価のしくみ」

・長尾眞文(国際開発センター)「国際協働パートナーシップの枠組み:日本の対アフリカ協力事業の評価」

・工藤尚悟(国際教養大学/フリーステート大学)「通域的な学び:異なる風土にある主体が学び合う方法論の提案」

・今田克司(ブルーマーブル・ジャパン/CSOネットワーク)「グローバル課題の解決における評価の役割:ブルーマーブル評価の前提と基本」

 

ルームC

共通論題10:第6期科学技術基本計画と評価学

座長:白川展之(新潟大学)

・林隆之(政策研究大学院大学)「第6期科学技術・イノベーション基本計画のモニタリングと評価」

・野呂高樹(未来工学研究所)「科学技術・イノベーション政策のエビデンス・データとシンクタンク」

・村上裕一(北海道大学)「科技イノベ基本計画と行政学:予算、調達、評価などについて」

・白川展之(新潟大学)「科学技術・イノベーションの評価に日本の評価学が求められる貢献」